社長挨拶

ceo greeting

弊社は創業者、先人達の努力により半世紀に亘って重機土工事一筋に歩んで参りました。

その間に土木工事の技術は目覚ましく発展を遂げ、今では日本の最高水準の科学技術を駆使して取り組む業種となりました。

社会が目まぐるしく変化していく中、ここまで社業を続けてこれたのは、お施主様、各企業様、金融機関様、協力会社様ほか 多くの方々に様々な場面でお力添えいただいた賜物と、深く感謝する次第でございます。

今後も初心を忘れず、重機をメインとした土工事の先駆者たり得るよう、社員一同マネジメント向上に励み、 受け継がれてきた技術を正しく継承することで優秀な施工者を育成する一方、国土交通省も推奨する情報化施工(I-Construction)に 対応したハイテク重機もいち早く導入し、熟練工の技能との融合を図りつつ更に優れた施工力をお届けしたいと考えております。

また、若手社員との対話や研修を通して得られる様々な改善につながる意見も取り入れながら、 重機土工事に従事することの楽しみや喜びをもっと感じてもらえるよう取り組むとともに、 建設業がもっと若者に魅力を感じてもらえる業界になるよう努める所存です。

創業50年を目前に控え、皆様のご支援の元、積み上げてきた信頼に感謝し、さらに50年先の未来に向けて、 創業者の志を違えぬよう、重機土工事で世の中に必要とされ、皆様のお役に立てる企業であり続ける覚悟でございます。 これからも変わらぬご厚情賜りますようお願い申し上げます。



経営理念

KAMITAKEの社員は仕事に『こだわり』を持っています。
そんな社員たちは、様々に変化する社会情勢の中、当社にできることから始め、当社だからできることを1つずつ増やし、当社にしかできないことを幾つも実現してきました。
それを可能にしたのは社員一人ひとりの個性(違い)を否定せず、既成概念に拘束されない自由な発想の経営理念と、社会常識や礼節を重んじ、中途半端な妥協を許さないという社風です。
共通の目的達成のために心を一つにできる当社の社員こそ「人材」=「人財」すなわち、最も大切な財産であると考え、今後も「人と人」、「心と心」の交流を大事にしつつ、「地球環境」にも配慮して更に仕事に対する情熱、創造することの喜びを感じ、追及していきます。