お知らせ

Infomation
地元小中学校に書籍を寄贈 ~ 私募債発行に寄せて
2017年12月27日

20171227_picture.jpg

当社は、創業者である現在の会長『上武勝宣』と平成20年に他界した兄の先代社長『上武正昭』とともに、幾多の困難を乗り越えながら社会的にも、金融機関からも全国で有数の重機土工事の専門工事業者として高く評価され、認められるようになりました。
創業47周年、設立45周年を迎え、その記念として平成29年10月にメインバンクである南都銀行様の『ナントCSR私募債』を発行致しました。そして創業者の母校が小中一貫教育を行う生駒北小中学校として新しくなったのを機に、当社、当社会長、南都銀行様の3者で書架2組、書籍300冊を母校に寄贈させていただいた次第です。

平成29年12月21日に当社会長と南都銀行の橋本頭取様が、小紫生駒市長、山本副市長、中田教育長と森生駒北小中学校長に目録を寄贈し、これらの書籍は『上武文庫』と名づけられました。

今回の上武文庫の寄贈及び、今後毎年書籍を寄贈し続けることに対し、青少年育成の一助になると、生駒市より南都銀行、上武建設株式会社、上武会長に感謝状が授与されました。

またこれを記念し、皇室にお正月用飾りとして焼き物を献上されている由緒正しき窯元である『吉向窯』様に、先代社長の干支である巳と会長の干支の申の置物を作成して頂き、大阪本社のフロントに置かせていただきました。

全社員が地元、得意先、金融機関、協力会社への感謝と、創業時の初心を忘れず、今後も努力を重ねながら上武建設株式会社が皆様とともにより一層、優良企業となり社会に貢献できるよう社業に励んで参ります。

20171227-kourou.jpg

20171227-bunko.jpg

20171227-kikkogama.jpg

吉向窯作成干支の置物に添えられた文章

上武建設株式会社 設立45周年

兄の先代社長(平成20年に他界)とともに幾多の困難を乗り越えながら全国有数の重機土工の専門工事業者として認められるようになりました。
先代社長、上武 正昭様の干支、巳の置物と現社長である私、上武 勝宣の干支、申の置物を、二百年余りの伝統の吉向松月窯、九世吉向松月師に作成していただきました。
同じ作品は、秋篠宮さまにも献上され、それぞれの歳に邸のお玄関に、お飾りいただいていたそうです。


大阪・上武建設株式会社  
代表取締役社長 上武 勝宣

油圧ショベル『PC200i-11』全国第1号機を購入しました!
2017年12月18日

この度、当社では特定特殊自動車排出ガス2014年基準に適合した、マシンコントロールを全国1号機として購入することができました。
これも関係各位様の日頃のご厚情の賜物と、深く感謝し御礼申し上げる次第です。

20171218-PC200.jpg

このPC200i-11は今までのマシンコントロール機能を搭載した従来機と比べ、更なる改良として、ほしかった『バケット角度保持制御』・『締め叩き制御』などの機能が新たに追加されています。
また、ダンプトラックへの積込重量をタブレットで管理できるペイロードメータも搭載されており、これらの新機能を駆使した施工を行うのが楽しみなところでございます。

また当社では、マシンコントロールブルドーザ『D65PXi-18』も、既に各現場で稼働している他、全国各地の工事現場でも最新のICT建設機械を投入しており、様々な面で進化し続けようと日々努力を重ねています。

待望の新社員寮が完成しました!
2017年12月15日

平成29年12月7日に待望の新社員寮が、大阪府四条畷田原台に完成いたしました!
建設された場所は9月にご案内させていただいた記事に記載のある通り、上武グループ新社屋の隣で、同じ敷地にはイートイン設備を備えたコンビニエンスストア『ローソン』様、環境にやさしいコインランドリー『mammaciao』様、『パン・オブ・ザ・イヤー2016食パン部門金賞』を受賞した生食パンで知られる『乃が美』様が出店されており、生活するにはとても便利な立地条件です。
この社員寮は若者専用に設置したもので、近年入社してくれた社員及びこれから入社する皆様に入居いただくために、現在準備を進めているところでございます。

近々詳しくご案内ができるようになりましたら、お部屋の中や、その他設備についても、ご確認いただけるようホームページ内に特設コーナーを設ける予定をしておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

末筆ながら、この社員寮建設に際し、創意工夫で臨んで下さった関係各位様には、ホームページ
上からではありますが厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。271215-syainryo.jpg

平成29年度「優秀施工者国土交通大臣顕彰」
2017年12月14日

 平成29年10月6日(金) 弊社執行役員工事部部長の木下 謙三が「優秀施工者国土交通大臣顕彰」(建設マスター)を受けました。
 この顕彰は平成4年に始まったもので、優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成等に多大な貢献をしていると認められた建設技能者に対して、国土交通大臣が顕彰を行うもので、今年の被顕彰者数は全国で417名でした。271213-hyosyo1.jpg

 木下は平成2年に入社して以来、建設機械運転手として現場の施工に携わり、平成8年に初めて現場の管理を任され、管理をしながら機械施工を行い、現在では卓越した運転技術を若手社員に継承しつつ、国土交通省が推進する最新技術であるICT建機を中心基軸とした施工にも取り組み、弊社の社業は勿論、建設機械施工の今後にも大きく貢献しています。

 木下がこの栄えある顕彰を受けることができましたのも、関係各位皆様方からのご指導の賜物と深く感謝し、謹んで御礼申し上げ、ご報告に代えさせていただきます。

271213-hyosyo2.jpg

過去ログ

採用情報 保有機械
工事実績